忍者ブログ
2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 2 3 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 2017 / 07 ≫

ここから、実際に作業方法を書いていこうと思います。
「ぼかんないんです><」でクローズアップされがちなのは、ビブラートと音の立ち上がりですが、その実、一番影響が濃いのは「歌い方」にあると思います。浜崎あゆみさんや、玉置成美に代表される、しゃくりあげる歌い方(歌い出しが半音もしくは全音下から始まる、ピッチベンドを多用する歌い方)は非常に効果が強く出ます。逆に、ピッチベンド変化の少ない歌手(MONGOL800)やAutotuneバリバリの歌手(伏字にしますw p○○○○○e)のシミュレートは、効果が解り辛くなります(逆にそれだけ調声に手間をかけなくてもいいとも言えます)。

最初の調声はDOMINOではなくてボカロエディタで行います。なお、メロディのベタ打ち、歌詞の流し込み用データ作成は省略します。また、ベタ打ちデータ作成の際、オートビブラートは切って、ディケイも0にします。

まず、最初に行うのは「音符分割」です。強くしゃくりあげて歌う部分に対し、画像のような作業を行います(上の写真がベタ打ちデータ、下が音符分割処理済みデータ)
)。
オリジナル曲の場合は、自分で歌いながら、どこを強くしゃくりあげれば良いか探します。音符分割の際は、歌詞も母音が追加になるので、忘れずに直します(例:ふたりたび→ふたありたびい)。

比較mp3うpしました。前者がベタ打ちで、後者が音符分割処理後です。
http://db2.voiceblog.jp/data/oto774/1219405594.mp3いかがでしょうか??これだけで、大分と変わってきたと思います。長くなりましたので、今日はここまでで・・・。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
774P(音774)
性別:
男性
職業:
専門職、クリエイター
趣味:
音楽全般
自己紹介:
パソコンで曲作ってます。基本的にやりたい曲が最優先。
最近はノーギャラですが、少しずつ依頼が舞い込んでいます(友人の誕生日、結婚式等)。今は、ヒーリング音楽とミクの曲を書きたいなと・・・。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30