忍者ブログ
2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

5、エクスプレッションの入力(DOMINO使用)
使う数式はエクスプレッションビブラートと曲線、曲線2の3つです。
まずは、数式の「曲線」を使って、音の立ち上がりを描いていきます。シンセサイザーのADSRのように一音一音、エクスプレッションを入力していきます。
立ち上がりの値は32位から始めると良いでしょう(0から描くと、子音がつぶれてしまうので)。
ここでも、実際に歌ってみて、声の大きさを確かめながら入力していきます。音符分割している所は、立ち上がりは入れません。
次に、「曲線」「曲線2」を使い分けながら、抑揚を表現していきます。最後の音の切れ目は0まで下げます。
ビブラートのかかる部分でエクスプレッションビブラートに切り替えて描きます。この時、ピッチベンドで描いたビブラートのカーブに沿うようにします。

参考画像
http://db4.voiceblog.jp/data/oto774/1245426087.jpg

参考画像
http://db4.voiceblog.jp/data/oto774/1245426112.jpg




PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
774P(音774)
性別:
男性
職業:
専門職、クリエイター
趣味:
音楽全般
自己紹介:
パソコンで曲作ってます。基本的にやりたい曲が最優先。
最近はノーギャラですが、少しずつ依頼が舞い込んでいます(友人の誕生日、結婚式等)。今は、ヒーリング音楽とミクの曲を書きたいなと・・・。
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31