忍者ブログ
2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 2 3 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 2017 / 07 ≫

とりあえずDOMINOでやることはこれでおしまいです。
velとランダマイズについて今回はメモします。

velは、子音部分の強調に使用しますが、各フレーズの歌いだしは値を小さく、そして、歌い終わるにつれて徐々に大きくしていくのがデフォルトだと思います。なので、上の画像のようにとりあえず斜めにぶった切って終わりです。発音の不明瞭な所は、ボカロエディタでピンポイントで突いて修正をかけてください。

次にランダマイズです。これを聴いてみて下さい。
DYN、PIT、VELのDOMINO調整終了
http://db2.voiceblog.jp/data/oto774/1219185200.mp3
DYN、PIT、VELのDOMINO調整終了+ランダマイズ処理
http://db2.voiceblog.jp/data/oto774/1219202753.mp3処理後の方が柔らかく自然に聴こえると思います。
このランダマイズ、吃驚したのですが・・・これもDOMINOで一括処理できてしまいます。DOMINOのヒューマナイズ機能です。

一旦、ここでヒューマナイズ機能を使う前に、データをDMSで別に保存しておいて下さい。後々で修正をかける必要があった場合に使います。

ヒューマナイズ機能の操作ですが、まず、対象となるコントロールチェンジのみを曲全体に渡って選択します(真ん中画像参照)。
イベントリストペイン上で黒反転した部分の上で右クリック→ヒューマナイズを選びます。

そして、それぞれ・・・
エクスプレッション:Tick補正「2~-2」、Velocity/value補正「3~-3」
ピッチベンド:Tick補正「2~-2」、Velocity/value補正「100~-100」

の値で処理をかけて終わりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上でDOMINO調声法は終わりです。ファイルをSMFで書き出し、ボカロエディタに読み込ませて歌詞を流し込んで下さい。
完成したvsqファイルは下画像のようになっているはずです。

DOMINO調声法の欠点の一つなのですが、各フレーズの歌いだし部分のDYNが小さくなっているのがわかります。この部分で発音不明瞭になる所が頻発しますので、ボカロエディタやDAWでピンポイントで修正かけてください。また、まだまだBRI、BRE、OPN、GEN等、DOMINOではいじることができないパラメータが存在します。これらはまとまった段階でメモしようと思います。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。少しでもお役に立てたでしょうか?質問、感想等ございましたらご連絡下さい。
短い間でしたが、ありがとうございました。

最後に宣伝。今回、DOMINO調整法をかけたバラード曲「ふたりの旅路」です。BRI、BRE、OPN、GEN等はいじっておりません(発音は改善処理済)

ふたりの旅路
http://piapro.jp/content/l4e2tv8a7hjc256j

それでは・・・



PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
774P(音774)
性別:
男性
職業:
専門職、クリエイター
趣味:
音楽全般
自己紹介:
パソコンで曲作ってます。基本的にやりたい曲が最優先。
最近はノーギャラですが、少しずつ依頼が舞い込んでいます(友人の誕生日、結婚式等)。今は、ヒーリング音楽とミクの曲を書きたいなと・・・。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30