忍者ブログ
2017 / 11
≪ 2017 / 10 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 2017 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



DOMINO調声法ももう佳境。今日はPITCHBENDの処理をメモします。
使う数式を確認します。

PIT調整用関数は・・・
ピッチフレーズビブラート74、ピッチビブラート74、16分立ち上がり、32分立ち上がり
の4種類です。
ピッチフレーズビブラートはピッチの揺れの表現、ピッチビブラートはビブラート部分に使用して、16分立ち上がりと32分立ち上がりは
それぞれ、その音符の長さでレガートにしゃくり上げるのに使います。(上画像参照)

ピッチベンドセンシティビティは2に設定します。
まず、ピッチフレーズビブラートを描きます。この時、オニオンスキンでピンク表示されているエクスプレッションの曲線の
周波数に合わせるようにします(真ん中画像参照)。次に、ピッチビブラートを描きます。この場合もエクスプレッションの周期に
合わせるようにして描きます。曲線を延ばすほど揺れが大きくなりますが、最後のカーブで±4096あたりになるようにしないと不快に聴こえますので注意してください。

しゃくりあげの部分に行きます。しゃくりあげは、音符分割でもされてますが、それ以外の部分でレガートで音程が変化している部分や、アクセントのある音符を表現
する為に、これら2つの数式を用います。

16分立ち上がり・・・音がレガートでしゃくりあがっている部分
32分立ち上がり・・・アクセントをつける部分(歌いだし等)

下の画像のように入れていきます。始まりの部分はべロシティのオニオンスキンと合わせます。
これらのしゃくりあげの選択は、自分で歌ってみて一番良いと思ったもので結構です。しかし、DOMINOでの作業の前に、音符分割を行うとき、その部分だけは決定しておいた方がいいでしょう。

今日はここまでです><


PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
774P(音774)
性別:
男性
職業:
専門職、クリエイター
趣味:
音楽全般
自己紹介:
パソコンで曲作ってます。基本的にやりたい曲が最優先。
最近はノーギャラですが、少しずつ依頼が舞い込んでいます(友人の誕生日、結婚式等)。今は、ヒーリング音楽とミクの曲を書きたいなと・・・。
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30