忍者ブログ
2017 / 11
≪ 2017 / 10 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 2017 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回から、実際の入力に入っていきたいと思います。
いきなり調声の花形、ビブラートから行きたいと思います。

<ビブラート設定>
ボカロエディタのオートビブラートはオフに設定します。
今回使ったサンプル曲がBPM134の為、追加読み込みのVSQライブラリはbpm130-134.vsqを使用します。

まずは、何にも調声をしていない状態。
http://db4.voiceblog.jp/data/oto774/1223997864.mp3

追加読み込みしたトラックから、写真1~3のようにコピペします。
聴いてみて、ビブラートに違和感が無かったら成功です。もっと遅いビブラートにしたい場合は、曲より早いテンポ用のライブラリを、もっと速いビブラートにしたい場合は、曲より遅いテンポ用のライブラリを使用してください。

ビブラート設定後。
http://db4.voiceblog.jp/data/oto774/1223997874.mp3
コンプレッサーやリバーブといったDAW側の操作でも、聴感上のビブラートの深さは変化してきます。色々と試してみて下さい。

先は次回に・・・。


PR


使い方書かせて頂きますね。

<ボカロエディタの設定>
オートビブラートをOFFにします(チェック外す)

<読み込み>
ボカロエディタの「ファイル→読み込み」で、曲のテンポに合ったVSQライブラリを選んで追加読み込みさせます。もう少し早いビブラートが欲しい場合は、曲テンポより遅いテンポ用のVSQライブラリを、遅いビブラートが欲しい場合は早いテンポ用のVSQライブラリを使用します。

<コピペの方法(2種類)>
・普通にコントロールパラメータを選択します
長所・・・欲しいパラメータのみ選択できます
欠点・・・ジャストタイミングで選択できないので、グリッドを目一杯広げて選択する必要があります

・CTRL+選択→コピー
長所・・・ジャストタイミングでコピーできます
欠点・・・音符から何から全てコピーしてしまうので、フレーズのコントロールパラメータのみまとめてコピーするのに不便

ライブラリVSQのトラックからパラメータ(DYN、PIT)をコピーする場合はCTRL+コピーを使用して、メロディの入った本トラック内でコピーする場合は普通に選択してコピペする方法が一番良いかと思います。

続きは次回で・・・。

http://www1.axfc.net/uploader/He/so/153888.zip&key=1234

できました。
ぼちぼち詳しい使い方とか書いていこうと思います。
よかったら使ってやってくださいm(_ _)m

>追記
2008年11月01日 修正版UP


HN:
774P(音774)
性別:
男性
職業:
専門職、クリエイター
趣味:
音楽全般
自己紹介:
パソコンで曲作ってます。基本的にやりたい曲が最優先。
最近はノーギャラですが、少しずつ依頼が舞い込んでいます(友人の誕生日、結婚式等)。今は、ヒーリング音楽とミクの曲を書きたいなと・・・。
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30